2005年06月20日

・ベトナム・癒えぬ傷:枯葉剤はいま/上

MSN-Mainichi INTERACTIVE ベトナム
 ベトナム・癒えぬ傷:枯葉剤はいま/上 世代超え、残るアザ

 ◇兵士の四女「医者になって、被害者治したい」−−自立施設で夢目指し

 「こんな顔なので学校では、友達は一人もいなかった。でも、ここに来てからたくさんできたの」。タイ・ティ・ガァーさん(14)は、そう言ってアザだらけの顔に笑みを浮かべた。

 ベトナムの首都ハノイの西、タインスオン区にある「平和村」。ベトナム戦争中に米軍が大量散布した枯れ葉剤の影響とみられる被害者を受け入れ、職業訓練などによって入所者の自立をサポートしている。国内に7カ所ある施設のうちの一つだ。

 ガァーさんは生まれつき全身に斑点があった。枯れ葉剤による後遺症の一つと考えられている。4年前に施設に入った。日本の支援団体の協力で2回来日。レーザー光線による手術で、顔にあった300個ほどのアザの大半は消えた。それでも健常者との違いが一目で分かる。

 戦時中、米軍が解放勢力の潜む中部や南部のジャングルを枯らすことを目的に、1961年から71年にかけて上空から散布したのが枯れ葉剤だ。発がん性のあるダイオキシンを含み、散布地域ではがん患者が多く出たり、先天的に異常のある子供が多く生まれた。

 ガァーさんの父親も北ベトナム軍の兵士で、最大の激戦地だったクアンチの攻防戦に加わり、枯れ葉剤を大量に浴びた一人だ。戦後結婚して生まれた1男4女のうちの末娘がガァーさん。長姉(22)も左半身まひで、枯れ葉剤の影響を受けたとみられている。

 施設の所長で小児内科医でもあるグエン・ティ・タン・フォンさんによると、枯れ葉剤による被害は、最近の研究では第2、第3世代にまで及んでいることが判明している。ただ、ガァーさんやその姉のように症状が出る場合もあれば、そうでないケースもあるのが枯れ葉剤被害の特徴という。それが因果関係を証明するうえでのネックにもなっている。

 腰には、ダークグレーの腰巻きのような帯状の大きなアザがあった。ゾウの肌のように見えた。それでも、ガァーさんは「将来は医者になり、私と同じような枯れ葉剤の被害者を治療し、助けるような仕事をしたい」と目を輝かせる。そんな彼女も母親になれば、子供に障害が出ないという保証はない。

 ガァーさんは、「私たちの夢は平和」と題する歌を口ずさんだ。

おじいちゃんは退役軍人 父さんは負傷兵 生まれた私は 平和村にいる 母さんから遠く離れて なぜこの足は なぜこの胸は 動かないの なぜ なぜ(横井久美子さん訳詩)

 施設にいる115人の大部分は、ガァーさんと同じように父親が、あるいは祖父が兵士だった子供たちだ。

   ◇ ◇ ◇

 ベトナム戦争終結(75年4月30日)から30年が過ぎた。著しい経済成長の一方で、枯れ葉剤の影響とみられる被害者100万人以上を抱える国。今も残る被害を現地ベトナムから報告する。【沢田猛、写真も】

……………………………………………………

 ◇ベトナム人らの賠償請求を棄却−−米連邦地裁

 ベトナム人被害者が米国の枯れ葉剤製造会社に損害賠償を求めた初の集団訴訟で今年3月、「症状と枯れ葉剤の因果関係を証明できない」などとして請求を棄却する判決が出た。米国の退役軍人らによる同様の訴訟では過去に和解が成立しているだけに、今後の補償問題の行方が注目される。

 ベトナム枯れ葉剤被害者協会と被害者家族の代表らは昨年1月、「戦争中に米軍が散布した枯れ葉剤で被害を受けた」として、米国の製薬会社37社を相手取った損害賠償請求訴訟を米ニューヨークの連邦地裁に起こした。米国の退役軍人側が同じ連邦地裁で、製造企業7社を相手取って84年5月に起こした集団訴訟では、審理開始直前に、企業側が1億8000万ドルを支払うことで和解が成立しており、原告側には勝算があった。しかし、裁判所は、枯れ葉剤被害の実態調査が行われていないことや、原告側が症状と枯れ葉剤の因果関係を証明できていないことなどから、今年3月10日に棄却の判決を出した。

……………………………………………………

 ■ことば

 ◇枯れ葉剤

 別名、オレンジ剤と言われる薬剤。米軍が他の散布薬剤と区別するために容器に塗ったペンキの色に由来する。ダイオキシンは、この薬剤の主成分である有機塩素系除草剤「245T」の製造過程で生じる不純物。

毎日新聞 2005年5月7日 東京朝刊
posted by じゅりあ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

・靖国@台湾先住民・・・其の弐

2ch>ニュース極東>【移転開始】高砂義勇兵慰霊碑【オマエラGJ】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1109403333/ より

<追尾隊レポート>

276 名前:ななよ(七代) ◆JapanZzJzo [sage] 投稿日:2005/06/15(水) 22:11:34 ID:kEhZGqY0
追尾隊よりレポをw

朝、外苑休憩所に到着。そこを本部とする。
無線機(神社内にメンバーが散るので連絡用)をつけ、8時半過ぎより各門の状況確認などで神社内を動き回り、本部に連絡を入れる。
正面〜車引きまで、団体の方々や私服公安、制服警官の方々が待機。ただし空気としてはピリリとしながらも、温和な感じもありました。
9時過ぎ、門脇翁と会いアテンドにつくことに。大型バスが向かってくるも、国内の慰霊団だとわかり本部に連絡を入れる。
9時半ごろ、金素梅が二松学舎前にて足止めを食っていると情報が入る。一気に緊張が高まる。
警察が引き返すようにと交渉中とのこと。

しばらくして、門脇翁より台湾のTVスタッフ(金素梅側ではなく、中立のメディア。門脇翁の取材に来日されていた)のアテンドの依頼を受けTVスタッフの側にいることに。彼ら日本語が片言なためその補助につく。
10時ごろ、TVスタッフが二松学舎前に移動。同行。
二松学舎前では、バス2台がとまっており、バスの前では金素梅がマイクパフォーマンス中。
本来ならライト側の方々の罵声もあるところだが、時折単発で「台湾に帰れ」という声が飛ぶ程度。
総じて緊張はありながらも、それほど現場は荒れていない。
バスの中から随行者からの声が荒げてくる。金素梅のスタッフ?が宣伝用のCDーROM?(もしかしたらDVD?)を配布。受け取ろうと思ったが、名刺との交換だということで断念。
日本人は歩道側に、金素梅は車道側にと、整然と区分けがされている。しばらくたち、警察も十分に喋らせたと判断したのか随行者をバスの中に誘導し、金素梅も乗車させ、Uターンを促す。

バス2台がUターンし永田町方面へ。
事前に入手した情報では、11時より記者会見とのことだが場所が不明。アテンドについているTVスタッフがタクシーを止めて乗車。私はタイミングが合わずに同乗が適わなかった。為、別のタクシーを拾い、TVスタッフのタクシーを追いかけることに。しかしタイミングが悪く、間に5〜6台の車が入り、追いかけるタクシーをロスト。失態!

277 名前:ななよ(七代) ◆JapanZzJzo [sage] 投稿日:2005/06/15(水) 22:12:00 ID:kEhZGqY0
(つづき)

ロストを本部に報告し連絡を待つ。本部より「記者会見は霞ヶ関、弁護士会館」との情報が入り急遽タクシーで向かう。
弁護士会館に到着。金素梅一行のバスはまだ到着していない。しかしNHKから民放、新聞社などのプレスが多く固まっている。彼らの手元を見るとFAXが。どうやら金素梅サイドからマスコミに対して記者会見の事前情報が流れていた模様。(横目で見ただけなので発信者が誰かは不明。もしかしたら日本側の支援者だったのかも)
そうこうするうちに、バス2台が到着。唄をうたいながら横断幕を掲げ弁護士会館の前庭でこちらを向く。主張、記者会見の開始。

内容は前出なので割愛。
日本の悪行を示すための写真パネルがあったが、どれも南京大虐殺なみのキャプションつき。
生首と子供が写っている写真に「日本軍が子供の首狩を奨励」などなど。高砂の方々は野蛮とは言え、首狩も文化であることはそっちのけ。
見事に記者会見・抗議のためのアイテムを準備している。高砂の方々のお話は「静かに慰霊に来たが追い返された」・・・・って、おいおい、その準備の充実振りはなんなんだ?
ひとしきり抗議が終了したところで、マスコミからの質疑応答を受ける。が、マスコミ活発に質問しない。ネタとしてばれているのかマスコミのテンション低すぎ。カメラを回すのはテンションを持ってまわすが、質問がぐだぐだなのはお約束?
二松学舎の前でバスの中から声を荒げていたご老人(70歳前後?)は、少し離れた場所で日本人たちとにこやかに談笑中。カメラの前に立っていた人たち以外は、ゆるりとした雰囲気でもあった。
金素梅と通訳は必死。

278 名前:ななよ(七代) ◆JapanZzJzo [sage] 投稿日:2005/06/15(水) 22:12:12 ID:kEhZGqY0
(つづき)


しばらくたち「時間がなくなったので私たちは出発します」と、箱根の温泉に気持ちが奪われたのか、記者会見は終了。そそくさとバスに乗る。残るは日本側の支援者(雰囲気的にレフト側弁護士)が代弁する。が、多くのマスコミは帰路に帰る模様。
台湾のTVスタッフを捕まえ、門脇翁が待つ靖国へタクシーで移動。到着は12時半くらいだったかな?
TVスタッフを門脇翁に合わせ、ミッション終了。翁とTVスタッフは別の取材場所へ。お見送りをする。
本部に戻り口から出た第一声が「飲み物!食い物!タバコ!」w
そういや、朝から何も食べてないし8時半からは飲み物、タバコも中断していた。食べて飲んで一服して全員で撤収開始。私は仕事場へ・・・・・・

日曜日からの3日間、かなり濃い時間を過ごしたことを思い出しながら、仕事に励む火曜日の午後。

こんな感じで伝わりますでしょうか?
posted by じゅりあ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・靖国@台湾先住民

2ch>ニュース極東>【移転開始】高砂義勇兵慰霊碑【オマエラGJ】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1109403333/ より

◆門脇朝秀氏(あけぼの会代表、日本李登輝友の会理事)

大正3年(1914年)、朝鮮生まれ。大阪外語大学支那語学科卒。
大東亜戦争終結を、陸軍特務将校として満州で迎え、大連25万人の邦人引き上げを成功させる。
中国問題に一生をかけて取り組むとともに、30年前からあけぼの会を主宰し、台湾において高砂族を中心とする交流活動を進める。
戦後、日本人と高砂族との交流のレールを敷いた一人として知られる。
高砂族など台湾人日本語世代の日本に対する心情を踏みにじる靖国訴訟を受け、その行動に非を鳴らす活動を台湾人とともに展開。
著書に『祖国はるか』1巻〜12巻(平成16.10.17現在)など多数。月刊「あけぼの」発行兼編集人

◆高金素梅(金素梅)
台湾の裏切り者・高金素梅
 http://www.wufi.org.tw/dbsql/jshowmsg.php?id=340

◆台湾の声より・・・・
http://holycow.sandiego.edu:8080/isota/forums/global_j/1060131660/index_html

靖国参拝訴状を見て
                     鍾 暁星
 靖国参拝訴状を読むと、無性に腹が立つ。
修養が足らないので最後まで読むには幾度か堪忍袋の緒を締め直し、忍耐の努力を必要とする。巧妙な文章のようであるが、屁理屈を連ねたもので、無明な台湾原告等が書ける文章ではなく、一部の反日日本人が事件を煽り立てている気がして、尚更腹が立つ。

 私は台湾人で戦前の高雄中学22回生、戦時中は学徒兵で徴兵され、我が学友から7名の戦死者(台湾出身者も含まれている)と海軍予科練での犠牲者が靖国神社に祀られているが、我が同窓生、交友会や郷土の人達から「日本の総理大臣の靖国神社参拝で感情が甚しく傷つけられた」という話は聞いたことがない。

 私の知人、郭青馥さん(台湾の原住民族で、台東出身のアミ族、元中日ピッチャー郭源治のいとこ)と林美彗さん(同じく原住民族で、屏東県霧台出身のアミ族)は二人とも日本人と結婚して日本に永住しているが、先代の話から「高砂義勇隊は非常に優秀だった」と自分達の誇りとし、叔父(母の実弟)や親族も靖国神社に奉祀されており、父母や親族が来日したときには靖国神社に参拝し、また小泉総理の靖国神社参拝はありがたいと言っているのである。

(略)
残りは上記URLで読んでください。

----------

234 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 12:51:56 ID:QxdWnBs+
2日間会社休んだから大変でし(泣

ちょっとだけ暴露話を書きます。
今回の案件は門脇先生からのFAXが全ての始まり。

門脇翁:
「6/17に靖国訴訟の結審に高金素梅が来日するが6/13に
靖国神社で英霊を連れ帰るパフォーマンスをやるみたいだ!
そんなんで靖国を穢されちゃかなわん。
あんたらがこんでも俺一人でも命懸けて阻止する!」

こんな内容の文章がきちゃうと、こりゃどうしょもありません。
そんな折に台湾フォーラムで門脇先生の講演があるとの情報入手図々しくもお伺いして、台湾フォーラムの方と情報交換。

そのまま無名之会の定例にどうすんべえか・・・と議題にのります。
最初の計画は無茶苦茶ハード
6/13の早朝5時の開門と同時にピケラインを敷いてそのまま閉門の19時まで状況維持・・・・・いや、俺等普通のサラリーマンなんですけど、平日休み取るの大変なんですけど、とりあえず何時に来るかだけでも情報を入手しようとここからひたすら情報戦に突入しました。

情報戦に突入すると、これまた大変でw
来日が13日で靖国には14日とか、来日は12日で靖国には13日とか情報が錯綜しまくり結局当初情報どおり13日に照準を合わせ稼動準備を開始

門脇翁
「霧社事件で未だに記念式典なんぞやっとるから、叱りにいったら台湾のテレビ局が俺の取材を始めて、それが放映されたら好評で第二段の取材をしに来日する6/12に取材にくるからオマエラもこい。」※要点のみw


235 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 12:53:45 ID:QxdWnBs+
もっと前後に諸々情報錯綜の混乱があるんですが、それはおいといてw
とりあえず、その取材の席に参加してみると、今回の高金素梅に対する靖国サイドの見解やら諸々情報が入手できましたが、その時点でも6/13の来る可能性が排除できず実行の段取りとしましたが、その取材である方からのアドバイスで「高砂族は基本的にフレンドリーで強行的にでれば強行的に反発するが肩を組めば、一緒に肩を組む人達」「高金素梅は台湾メディアを引き連れてくるが、台湾のTVは100チャンネルくらいあり日本で衝突すればするほど、台湾メディアが取り上げてくれるから、日本側ともめたい」

この2点の情報で靖国神社での取り組みが大きく変わる事になります。

当初は竹箒で門前に構えるつもりでいましたが、実力行使に見えるしイメージもよくないならば、高金素梅を裸の王様にしちまえ!という計画が起動しました。
その頃我々が入手していた情報では、第二鳥居から中には高金素梅ほか2名程度しか入れない、他の高砂族はそこで分離される。
じゃぁ、分離された高砂族を懐柔する作戦を(作戦内容の全貌はまた後日)立案し当日早朝から台湾語の横断幕をの制作を開始しました。

6/13朝8時から外苑休憩所で作業開始・・・・

「歡迎高砂義勇隊之英雄!
歡迎台灣原住民族來日訪問!」

「為日台友好,我們一起喝杯酒 口巴」
(日台友好のため、共に酒を飲み語りましょう)


236 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 12:57:38 ID:QxdWnBs+
その日一日は来る来ないの情報で錯綜しまくりでしたw
さらに、目付きの悪いスーツのオッサン方が1ダース以上外苑休憩所に集結しています。
右翼と呼ばれる人達とはまた別の臭いがするわけで、当初は極左系の武闘誘導員かと警戒しましたが、その中の一人の人が駐車場の車輌のトランクを開けた際、偶然に積まれてる脚立に貼ってあったテプラで公安関係者と理解できました。

つぅことは・・・・・6/13は朝から10数人の公安関係者が外苑休憩所にいた訳です。

高金素梅の最終同行確認が出来たのは6/13の16時30分ごろだと思います。
御一行様が日本の支援団体の教会に入ったとの情報を受け、靖国神社サイドの判断を受けアラートを解除、帰り支度を始めたところ・・・・台湾フォーラムの方を含め、知り合いを数名発見各種団体の方々(通称右翼系、保守系、台湾系、etcetc)が外苑休憩所に集結し連合体ができており、その連合体が明日の打合せを開始されました。

無名之会はその連合体があることすら理解してませんでしたし、公安関係者以外の人がそんなにいたともおもってませんでしたから、ある種驚愕な訳です。(実際、靖国神社と警察の打合せには同席していましたので靖国及び警察関係の動きは理解していましたし、代表は警察の方と名刺交換も済ませていました。)

その打合せで、数点だけ知り合いに情報を入れました。それが先に書いた「高金素梅は台湾メディアを引き連れてくるが、台湾のTVは100チャンネルくらいあり日本で衝突すればするほど、台湾メディアが取り上げてくれるから、日本側ともめたい」「高砂族は基本的にフレンドリーで強行的にでれば強行的に反発するが、肩を組めば、
一緒に肩を組む人達」この2点です。

打合せに参加された方は即座にこれを理解され、「高金素梅以外の糾弾は利敵行為になるので行わない」
「我々の目的は靖国神社を穢される事を阻止する事」が了解事項となり、その後も諸々決まっていきます。
「境内で血を流す事も神社を穢す事」「警察の支持に黙々と従う」「目的は護ること、混乱ではない」・・・・
正直、まだ右翼と呼ばれる人達がいる事を認識しました。(昨今は似非の多い事多い事・・・・・)


237 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 13:00:59 ID:QxdWnBs+
我々は部外者扱いですのでその打合せには参加しませんでしたが、同じ意図を持ち違う角度での連動で中国文で「歓迎」と書かれた横断幕を掲げ酒を勧めるという行為を行うことから敵側と間違われないように目印をつけて欲しいとの要請があり「無名之会の腕章」を巻き、区分する事までが確定しました。

正直。6/14は参加不能の予定でしたw
しかし、これだけの人が集まり企画説明も出来共同認識と承認を得た以上何とか参加しないと・・・
恐る恐る会社に、私用が片付かなかったのでもう一日休みをください・・・とお願いし、なんとか承認半年ぶりの代休は靖国神社の使う事となりましたw

とりあえず、ここまでが6/13一杯の話です。
当日6/14の話や後日談はこれから出てくると思いますので、もうちょっとまとまりましたら書き込みます。

最後にひとつお願いがあります。
台湾関係のスレにこの写真と良いキャプションをつけて、うpしていただけませんでしょうか・・・
キャプションは「日本人は似非高砂族以外の高砂族を心底歓迎している」こんな意図でお願いします

高金素梅が台湾に帰り恥をかくための仕上げになります。ご協力の程宜しくオナガイします。
 http://popup.tok2.com/home/zuizui/PICT3421.JPG

----------

247 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 16:27:27 ID:QxdWnBs+
そして6月14日

早朝7時30分に靖国神社に到着。
資材を外苑休憩所に運び込みます。

昨日とは打って変わって、ものすごい緊張状態・・・・
強面の人々が沢山います。

8時に全体連絡が開始され、それぞれの持ち場と分担確認後
昨日の決定事項の周知徹底連絡。

こちらはノートPCやらプリンターやら電脳機材を運び込みベース設営
かなり異質な空間が出来上がって行きます。。。

そんな中、台湾フォーラムの方々とも合流。
今回は高梅素梅と高砂族が分離された時点で作戦が稼動しますが呼び込むための言語懐柔は台湾フォーラムの方々にオンブにダッコで実施詳細の再確認。

8時30分ごろ、連合体の皆さんは分隊し所定の持ち場に。。。
8時45分ごろ、年配者を多く乗せたバスが外苑休憩所の道路に2台進入
一斉に緊迫し、横断幕を持ち小走りで行くとバスは老人会の観光旅行。。。
強面の面々に囲まれご老人方はさぞ怖かったと。。。しかも中国語で歓迎の横断幕付きw
9時10分ごろ、ご一行様のバスが到着しているとの報が入り、横断幕と酒をもって移動開始、門の外にプレスが沢山、カメラを向けられる。。。
なんでこんな横断幕でメディアが写真を撮るんだろうと素で考えちゃいましたw

あとのやり取りは、皆さんが書いてますので割愛し、こまごました事を書き足します。


248 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 16:28:07 ID:QxdWnBs+
すでにご一行様のバスが到着しているのは確認が出来ています。
横断幕をもってバスの方に向かおうとすると警察に足止めをされてしまいました・・
しょうがないので、大村益次郎銅像に横断幕とお酒を広げておいておくと、これが結構いい被写体になってました。
歓迎云々カンヌンのメッセージのい下に台湾フォーラムの方がお持ちくださった高砂義勇兵部隊隊旗が貼り付けてありますから、文字以上に明確な意思を発信してるわけで・・・・・

そんなこんなで待つ事数十分、右翼が警官と接触との報が入り、警官隊が移動を開始します。
混乱に乗じてバスに攻撃をかけるかと思いきや騒然とすれど、そこを守備している連合体の人は誰もうごきません。

後々の話、警官と衝突していたのはご一行様を中に入れろと支援左翼が騒いでいた模様。
しかも、バスを止めてあるのが皇族のお住まいのまん前・・・・これには怒る人多数・・・
それをキッカケにしてか、数人の若い人が靖国通りを渡ろうとしますが、警官隊に阻止され引き戻されます。私が知る限り、なにか動きがあったとすれば唯一これだけではないでしょうか。

そして11時過ぎ、ご一行様のバスはUターン。
靖国へは一歩も踏み入れず終了してしまいます。

簡単に流れをまとめてみますと

8時30分ごろ、靖国神社に来訪の申し入れを高金素梅が行う。靖国サイドはこれを断る
9時過ぎ、ご一行様のバス到着、警察・神社関係者が留まるよう説得開始
9時40分ごろ、高金素梅は説得に応じる
10時00分ごろ、バスの前でパネルなどを出しマイクパフォーマンスを始める
11時30分ごろ、弁護士会館に向かってUターン


249 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 16:28:58 ID:QxdWnBs+
もっとも、これで逃がしたりはしません。
無名之会で追尾隊があわせて移動を開始し、霞ヶ関の弁護士会館のパフォーマンスも生暖かくヲチされています。(さらに裏情報もありますが、公開は17日以降とさせてください)

---------------追尾隊の報告------------------------------------------------------------------
弁護士会館前のパフォーマンスで見てわかったのですが、金素梅はおとなしく参拝するつもりはもうとうなく、以前から言われていた政治パフォーマンスを目的としてきたのだと思いました。
赤地に白抜きの「高砂義勇軍は日本人ではない」(差し渡し4m程度)という横断幕、1m四方ちょっとの写真+キャプションの抗議プラカード、すごい高い紙を使った三つ折のパンフレットを200〜300部用意。また日本の弁護士と連携をとり、最初からプレスリリースの場所を決めていたんじゃないかと。

これだけ用意周到なのに「静かに慰霊に来たが、右翼の妨害で追い返された。日本政府はこんな仕打ちをするのか?」という抗議には、はっきり云って白けました。

◆◇【極東】謂れなき反日を語るoff其六◇◆
 http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1113887788/627-628
------------------------------------------------------------------------------------------------

250 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 16:29:59 ID:QxdWnBs+
なんだかんだで、門前の守備が解除されたのは昼過ぎだったと思います。
バスが完全に移動をして弁護士会館に到着したあたりでアラートが解除されました。
期せずして起こった拍手は印象的でもありました。

さて、こまったのは準備したお酒・・・・・
60人からくると聞いてましたので、とりあえず四升ほど準備してあったんですがすでに封は切ってあるし、自分は車だし・・・
結局参加された方に飲んでいただこうと思っても、皆さん車の運転がある、これから仕事とetcetc殆どの方にご辞退されてしまいしたが、最後まで残られた方に瓶ごと押し付けてきてしまいましたw

そして、解散。
塩が引くように連合体の方はおられなくなります。
我々は撮影した写真をあちこちにうpして回り最終撤去が13時ごろになりました。

結局、高金素梅は何をしにきたのだろう?????

補足:時間表記は記録をとっていた訳では在りませんので確実な時間ではありませんことご了承ください。


----------
252 名前:鍾馗[sage] 投稿日:2005/06/15(水) 16:39:51 ID:QxdWnBs+
このオフレポを中国語にまとめて流してくださるとの申し入れを>>244で頂いてますので、オチをひとつ。

高金素梅殿、
あなたが勝手にパフォーマンスを始めれば、貴方が主演した映画・・・・・・・・・・
タイトルは失念しましたが、お名前が「金素梅」となっている時代の映画を山の方々と酒を酌み交わし一緒に見るつもりでした。もっとも貴方の穢れたシーンもあるらしく靖国で写していいものか悩みのたねでした。

しかし高砂族の皆さんを、歓迎するためにお待ちしていたのに、靖国神社に一歩も入れなかった事は残念です。
金素梅さんも猛烈に反省されていると思いますが、靖国神社に入れなくとも、箱根、京都、愛知万博、大阪、と観光されるそうですので、古都と近代が同居する日本の観光旅行を存分にお楽しみください。
我々は国が変わろうとも、ともに戦ってくれた台湾人の事、高砂族の事は忘れません。

でも、高砂の民を政治利用する「金素梅」さん、あなたの事は早々に記憶から消したいです。
あなたの落選を日本の空から強くお祈りしております。
そうそう、門脇翁が今回も説教しそこなったと残念がっておられましたこと、あわせてお伝えします。

----------
posted by じゅりあ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

・媚中と妄言と失踪急増

インフォシークニュース・・・(共同通信)
 「中国を挑発、逆なで」 野田氏が町村外相を批判
 自民党の野田毅元自治相(日中協会会長)は12日午前のテレビ朝日の番組で、町村信孝外相が日本の政府開発援助(ODA)を引き合いに中国の対日批判に反論したことについて「相手を挑発して(感情を)逆なでしている」と批判した。

 同時に外相の対中外交姿勢に関して「外相が率先して切り掛かっていって、日中関係をこの先どういう形に持っていこうというのか」と指摘。外相が先に訪中した野田氏を「中国に無用にごまをする人」と非難したことについても「とんでもないことだ」と反論した。

 加藤紘一元幹事長も同番組で「町村外相も、今外相であることを忘れないで対応してほしい」と苦言を呈した。
[ 2005年6月12日12時21分 ]


インフォシークニュース・・・(共同通信)
 文科相の慰安婦発言に反発 「妄言」と韓国
 【ソウル12日共同】韓国の与野党やメディアは12日、中山成彬文部科学相が11日に静岡市で開かれたタウンミーティング(対話集会)で「そもそも従軍慰安婦という言葉は当時はなかった。なかった言葉が(教科書に)あったことが問題」と述べたとし、「妄言」と一斉に反発した。

 与党ウリ党の田炳憲スポークスマンは「日本の教育の最高責任者から過去の侵略行為を否定する妄言が続くことは遺憾で、怒りを禁じ得ない」と表明。その上で、日本政府に対し「日韓の未来志向関係に害悪になる中山文科相の誤った認識と言行に明確な措置を取らねばならない」と対応を要求した。

 野党ハンナラ党も「日本政府は文科相の歴史歪曲(わいきょく)について即刻謝罪し、再発しないよう措置を取らねばならない」と主張。メディアも「文科相がまた妄言」(聯合ニュース)などと伝えている。
[ 2005年6月12日19時57分 ]


Yahoo!ニュース - 産経新聞
 来日中国人の失踪急増 1−5月、44人 ビザ拡大控え対策急務

 今年一月から五月までの五カ月間に来日した中国人団体観光客の失踪(しっそう)者が四十四人に上ることが十日、国土交通省の調べで分かった。昨年同時期の二十八人を上回るハイペースだ。北側一雄国土交通相は七月初めにも訪中し、三市五省に限定している中国人団体旅行客の査証(ビザ)発給対象地域を全土に拡大する方針を中国側に伝える考えだが、治安当局は「ビザ発給地域の拡大が不法滞在者をさらに増大させる可能性がある」(警察庁幹部)と対応策の検討を迫られている。
 現在、中国人へのビザ発給は北京、上海、天津の三市と広東、遼寧、山東など五省に居住し、旅行代理店を通じた団体旅行客に限定している。
 こうした中、今年一月から五月までの五カ月間で、日中両国の旅行代理店(約三百五十社)を通じてビザを取得し、日本国内で行方不明になった中国人は、国交省が追跡調査を行った結果、計四十四人に上ることが判明した。特に、愛知万博が始まった三月から五月末までの三カ月間だけで二十五人と、十三人だった昨年同時期の約二倍となった。
 不法滞在が目的とみられる中国人の失踪者件数は、平成十二年は五人だったが、十四年には百五十四人を記録。その後、十五年が百二十七人、十六年は九十二人と減少に転じ、政府の旅行代理店に対する失踪者防止の行政指導が奏功したとみられていた。
 政府は現在、旅行代理店に対し、数カ月間で五人の客が日本滞在中に行方不明になると一カ月間の取り扱い停止処分を科し、十人以上の場合は一年間の取り扱い停止処分としている。
 だが、「今年は昨年に比べ失踪ペースが速い」(国交省筋)うえ、七月にも予定されているビザ発給地域の拡大で、失踪者がさらに増大する懸念が浮上している。政府は今後、旅行代理店にさらに厳しいペナルティーを科したり、観光客の身元把握を徹底するなどして、失踪した不法滞在者を減らすための治安対策を強化する方針だ。
 政府がビザ発給の全土拡大に前向きなのは、外国人観光客を増やす「ビジットジャパン・キャンペーン」を実施中で、十六年に六百十四万人だった旅行者を十七年には七百万人にするとの目標を掲げているためだ。韓国と台湾の観光客については万博期間中のビザの免除を実施している。
(産経新聞) - 6月11日2時59分更新

posted by じゅりあ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

・飯島秘書の暴露@靖国問題/対中

Yahoo!ニュース - 時事通信 -
 昨秋の日中首脳会談、参拝継続を事前伝達=郵政廃案なら解散−首相秘書官が講演
 小泉純一郎首相の飯島勲首相秘書官は11日夜、長野県辰野町での会合で講演し、昨年11月にチリで開催された中国の胡錦濤国家主席との首脳会談について、事前に日本側から「首相は2005年も靖国神社を参拝する考えだ」と伝えていたことを明らかにした。
 飯島氏は「チリで胡主席と会う前に(中国に対し)初めて強烈なカードを切った。『小泉首相は時期は別として来年も靖国神社を参拝する。それでも不都合がなければ会談を受ける』と伝えた上で会った」と指摘。中国側も小泉首相の意向を承知して会談開催を受け入れたとの認識を示した。
 飯島氏はまた、この首脳会談に続く昨年11月のラオスでの小泉首相と温家宝首相の会談でも同様に、小泉首相の靖国参拝継続の意向をあらかじめ中国側に伝達していた、と語った。その上で「国の指導者たる小泉(首相)が不戦の誓いで靖国神社に行くのは何らおかしくない。多分必ず参拝すると思う」と述べた。
 一方、飯島氏は郵政民営化法案に関し、「首相は退路を断っている。法案が通らなければ(首相は)廃案で構わない。すなわち衆院を解散するとわたしは勝手に感じ取っている」と語った。 
(時事通信) - 6月11日23時0分更新

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 -
 <飯島秘書官>首相は今年も靖国に「多分必ず参拝する」
 飯島勲首相秘書官は11日夜、長野県辰野町で講演し、昨年11月にチリで行われた中国の胡錦濤国家主席との首脳会談について「『小泉首相は時期は別として来年も靖国神社を参拝する。それでも不都合がなければ会談を受ける』と伝えた上で会った」と述べた。飯島氏はさらに「国の指導者たる小泉(首相)が不戦の誓いで靖国神社に行くのは何らおかしくない。(今年も)多分必ず参拝すると思う」と語った。
 郵政民営化関連6法案に関しては「首相は退路を断っている。法案が通らなければ廃案で構わない。すなわち(首相は)衆院を解散するとわたしは勝手に感じ取っている」と述べた。
(毎日新聞) - 6月11日23時32分更新


産経Web | SPECIAL 北朝鮮問題
 ■靖国参拝問題−政治家よ国を危うくするなかれ 論説委員長・千野境子

 日本人は過去を忘れがちな民族であると、ともすれば言われてきた。

 小泉純一郎首相の靖国参拝をめぐって、いま歴代首相から野党議員に至るまで日本の政治家たちが繰り広げている言動を前にすると、残念ながら当たっていると思えてもくる。

 中国の北京や上海などで日本の大使館や領事館、果ては中国人経営の日本料理店までが反日デモの暴徒に襲われたのはたった二カ月前。呉儀副首相の非礼な帰国も数週間前のことにすぎない。

 であるのにわが政治家たちときたら、謝罪や賠償要求もどこへやら、中国のメッセンジャーよろしく小泉首相に靖国参拝中止を迫っている。反日デモで国際社会から指弾され窮地に陥っていた中国にすれば、一転、ぬれ手であわみたいなものだろう。

 例えば河野洋平衆院議長の呼びかけで、「慎重な対応」を申し合わせた宮沢喜一、村山富市、橋本龍太郎ら元首相たち。

 悪天候で搭乗機が台湾に緊急避難した際、台湾の土を踏むまいと機内から一歩も出ず、しかもそのことを中国への忠誠の証しであるかのように中国側に報告した河野議長のことは言うまい。

 だが、元首相たちは現首相の決断と孤独とに、一体どこまで思いを致したのだろう。

 賢明にも欠席した中曽根康弘元首相も「やめるのも一つの立派な決断」と参拝中止を進言した。考えてみれば、今日に至る日中の軋轢(あつれき)は中曽根元首相の靖国参拝から始まった。小泉首相がやめてくれなければ名分が立たないのか。

 中曽根氏の参拝取りやめは親日的な故胡耀邦・元中国共産党総書記を思ってのことだったとされる。配慮が奏功しなかったことは歴史が示す通りである。中国共産党の権力闘争に思いやりの入り込む余地などないし、そもそも一国の命運は、自らの力量で決まる。他国の力など限定的でしかないのである。

 その他、岡田克也・民主党代表はじめ野党政治家はもちろん、自民党でも日本遺族会会長を務める古賀誠・元幹事長、中川秀直国対委員長、野田毅元自治相、連立与党の神崎武法・公明党代表、冬柴鉄三・同幹事長…。

 政治家たちはいまや雪崩を打って、参拝中止や慎重な対応もしくはA級戦犯分祀(ぶんし)を求めているかのようだ。

 彼らは異口同音に国益を強調する。彼らの一連の行動が本当に国益に沿うのか。一皮むけば国益は私益という政治家はいないだろうか。またもしそれが信念かつ持論ならば、自ら問題提起してこなかったのはなぜだろう。小泉政権は四年。時間は十分あった。

 しかも少なからぬ政治家たちは、「胡錦濤国家主席が会うので来てください」など中国からもろもろ要請され、出向いて行った。中国の対日工作の一環であるのは明白なのに、である。

 もちろん二国間関係は良好な方が望ましい。

 だが世界はいま、日中の緊張・対立にアジア二大国の覇権の帰趨(きすう)を重ね合わせ、大いなる関心をもって注視しているのだ。政治家たちの言動は、国際政治の力学にあまりに無頓着であると思う。

 中国艦船の領海侵犯や日本近海での活動活発化、東シナ海の地下資源をめぐる確執をはじめ、日中間には戦略的利害の対立が次第に鮮明になってきた。このような時に小泉首相の筋を通そうとする姿勢を有力政治家がよってたかってつぶそうとする。何という光景だろう。

 先ごろ、日本新聞協会の招きで来日した中国記者団は、協会のスケジュールにのっとって靖国神社を見学した。党員であろう団長は一人、「急に腹が痛くなった」と言ってバスに残ったそうである。もちろん次の見学地ではピンピンしていた。

 政治家たちも訪中するなら、せめてこの程度の機知や知恵を中国側に示してほしいものだ。

 小泉首相の靖国参拝が世論を分けていることは確かである。首相が説明責任を果たしているとは思わない。その是非はもっと論じられてよい。だがそれは中国に言われるからではないし、ましてや中国が是非を決めるのではない。

 来日した米国のアーミテージ前国務副長官は民放の番組で「他国から参拝するなと指図されるようなことがあれば逆に参拝すべきだ」と答えたという。至言である。

 核開発に存亡をかける北朝鮮。米韓同盟にすき間風の吹く韓国。北東アジア情勢はますます厳しさを増すだろう。わが政治家たちの対中姿勢を見ていると、いささかクラシックな表現ながら、こんな思いが浮かぶ。君、国を危うくするなかれ。(06/10)

posted by じゅりあ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。