2005年06月07日

・通り魔逮捕


Sankei Web
 路上で口論、通行人の男性刺す 世田谷(06/06 18:08)
 6日午前11時10分ごろ、東京都世田谷区八幡山の路上で、男が通行人の男性(26)を刃物で刺して逃走した。110番で駆け付け追跡していた警視庁成城署員が、約1キロ離れた杉並区上高井戸で間もなく男を発見し、拳銃を2発発砲、弾は男の肩と足に命中し、殺人未遂などの現行犯で逮捕した。

 男は世田谷区八幡山、職業不詳、野口隆司容疑者(39)で重傷。男性も腹部などにけがを負った。

 成城署の調べでは、男性が女性と一緒に歩いていたところ、野口容疑者が間を通り抜けたため口論となり、持っていたナイフで腹部を刺した。

 巡査部長(55)と巡査長(37)が野口容疑者を発見。「撃つぞ」などと呼び止め、職務質問しようとするとナイフを持って立ち向かってきた。警棒などで振り落とそうとしたが、なおも抵抗したため、巡査部長が発砲したという。

 成城署の幕孝信署長は「状況から適切な職務執行と考えている」と話している。(共同)


MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件
 殺人未遂:路上で男性刺した通り魔逃走 警察官発砲し逮捕
 6日午前11時10分ごろ、東京都世田谷区八幡山2の路上で、男と杉並区に住むフリーターの男性(26)が口論になり、男が持っていたナイフ(刃渡り約12センチ)で男性の腹を刺した。男は逃走したが、110番で駆けつけた警視庁成城署地域課の巡査部長(55)らが約1キロ離れた杉並区の路上で発見。ナイフで抵抗したため、巡査部長が拳銃2発を発射し、右足と右胸に当たった。男性は2〜3週間のけが、男は重傷。同署員は、男を殺人未遂、公務執行妨害容疑などで現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは世田谷区八幡山3、職業不詳、野口隆司容疑者(39)。調べでは、男性が知人の女性(37)と歩いていたところ、後ろから歩いてきた野口容疑者が2人の間を割って通り越したため、男性が抗議したところ、もみあいになり刺したという。

 野口容疑者は逃走して数分後に巡査部長と同僚の巡査長(37)に発見され、ナイフを持って向かって来たという。巡査部長が警棒で5回前後たたくと再び逃走。巡査部長が「止まれ。撃つぞ」と警告すると、ナイフを手に数メートルの距離まで近づいてきたため、横断歩道上で巡査部長が発砲し、右太ももに当たった。さらに数十メートル逃走したため、同様に警告したが抵抗されたため、路上で2発目を発砲し、右胸に当たった。同署員が同11時25分ごろ、さらに約50メートル離れた路上で現行犯逮捕した。野口容疑者は容疑を認めている。

 拳銃使用について、成城署の幕孝信署長は「現時点では適正な職務執行と考えています」とコメントしている。【長谷川豊、鈴木泰広】


YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 ナイフ男が通行人刺し、警官発砲し逮捕…東京・世田谷 : 社会 :
 東京都世田谷区の路上で6日午前、ナイフを持った男が通行中の男性を切りつけてけがを負わせる事件があり、駆け付けた警視庁成城署の巡査部長(55)が拳銃2発を発砲して男を取り押さえ、殺人未遂や公務執行妨害などの現行犯で逮捕した。

 銃弾は男の右胸と右足に当たり、男は重傷を負った。

 逮捕されたのは、同区八幡山3、職業不詳野口隆司容疑者(39)。調べによると、同容疑者は午前11時10分ごろ、同区八幡山2の路上で、男性(26)ら2人連れの間を割って入って追い越したとして男性から注意され、突然、サバイバルナイフのような刃物を取り出し男性の腹部を刺して逃走した。男性は2〜3週間のけがを負った。

 約10分後、現場から約1キロ離れた杉並区上高井戸1の路上で同署地域課の巡査部長が野口容疑者を発見。刃物を持って向かってきたため、巡査部長は拳銃を発砲した。

 同署によると、巡査部長は野口容疑者の刃物を警棒ではたき落とそうとしたがうまくいかず、発砲の前には「撃つぞ」などと警告したという。

 幕孝信・成城署長のコメント「現時点では状況からして適正な職務執行だったと考えている」

(2005年6月6日21時28分 読売新聞)


asahi.com
 通行人を刺し逃走の容疑者、警察官が発砲し逮捕 杉並
 6日午前11時10分ごろ、東京都世田谷区八幡山2丁目で、近くに住む職業不詳、野口隆司容疑者(39)が通行人の男性を刃物で刺して徒歩で逃走した。

 通報で駆けつけた警視庁成城署の署員が約1キロ離れた路上で、野口容疑者に拳銃を2発発射。足と胸に命中させ、殺人未遂と銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕した。野口容疑者は重傷という。

 調べでは、野口容疑者は、杉並区に住むフリーターの男性(26)が知人の女性と歩いていた間を後ろから通り抜けたことをとがめられたため、ナイフで男性の腹部を刺すなどした疑い。男性は2〜3週間のけが。

 まもなく地域課の巡査部長(55)ら署員2人が、杉並区上高井戸1丁目の路上で野口容疑者を発見。巡査部長は容疑者が向かってきたため、警棒でナイフをたたき落とそうとしたがうまくいかず、拳銃を取り出したところ、容疑者は再び逃走した。

 その直後、巡査部長が「止まれ」と命じたが、容疑者は逆に向かってきたため、「撃つぞ」と警告したうえで、拳銃を1発発射、数メートル離れたところにいた容疑者の右足太ももに命中させた。容疑者はまた逃げたが、「止まれ」の言葉にナイフを放すことなく再び向かってきたため、さらに1発発射。右胸に命中したが、約200メートル逃げたところでようやく取り押さえられたという。

 1発目の発砲現場は甲州街道と環8通りの交差点近くで、マンションなどが立ち並び、ふだん人通りが多い。近くのバイク店では、店先のバイクに流れ弾とみられる弾痕があった。店長(45)は「当時、通行人が何人かいたが、巻き込まれなくてよかった」。向かいの民家に住む女性は「人通りの多いこんなところで、発砲があるなんて恐ろしい」と話した。

 同署は「(巡査部長は)歩行者が近くにいないことを確認して発砲したと話している」としており、幕孝信署長は「(発砲は)現時点では状況からして適正な職務執行と考えている」とのコメントを発表した。




posted by じゅりあ at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。