2005年05月27日

・日本海海戦百周年

// 某2chからの拾い物 //

★日本海海戦の経過★
【1905年5月27日】
02:45 仮装巡洋艦「信濃丸」バルチック艦隊を発見「敵艦らしき煤煙見ゆ」打電
04:45 「信濃丸」「敵の艦隊203地点に見ゆ」打電
05:05 連合艦隊司令長官 東郷平八郎大将 全艦隊に出動命令
06:00 東郷長官「敵艦見ゆとの警報に接し 連合艦隊は直ちに出動 これを撃滅せんとす、本日天気晴朗なれど波高し」打電
06:05 連合艦隊旗艦「三笠」 鎮海湾を出港
13:39 旗艦「三笠」バルチック艦隊を発見
13:40 東郷司令長官 全艦戦闘開始を発令
13:55 旗艦「三笠」にZ信号旗掲揚「皇国の興廃此の一戦にあり 各員一層奮励努力せよ」
14:05 距離8000m 東郷長官 左180度敵前一斉回頭(東郷ターン)を命令
14:08 ロジェストヴェンスキー司令長官 全艦攻撃開始を命令
14:10 距離6500m 東郷司令長官 全艦に砲撃を命令
14:38 戦艦「オスラビア」 被弾多数 左舷に傾斜
14:52 旗艦「クニャージ・スワロフ」航行不能 ロジェストヴェンスキー長官重症
15:06 戦艦「オスラビア」沈没 504名戦死
15:20 ロシア艦隊濃霧の中へ退避 第一次戦闘終了
15:40 旗艦「クニャージ・スワロフ」戦線脱落
16:06 第二次戦闘開始
17:30 重症のロジェストヴェンスキー長官 駆逐艦「ブイヌイ」に移乗、艦隊指揮をネボガトフ少将に委譲
19:00 旗艦「クニャージ・スワロフ」沈没 925名戦死
19:30 戦艦「アレクサンドル三世」転覆 乗組員867名全員戦死(沈没は21:30頃)
19:23 戦艦「ボロジノ」沈没 865名戦死 生存者水兵1名のみ
19:28 日没 東郷長官 砲撃中止を命令
20:00 駆逐艦、水雷艇の夜襲開始
22:00 戦艦「ナワリン」魚雷攻撃を受け被害甚大 700名戦死(沈没は翌朝未明)
23:00 駆逐艦、水雷艇の夜襲終了

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【1905年5月28日】
09:30 - 連合艦隊、鬱陵島南方でバルチック艦隊第三戦艦群再視認、追撃開始
10:34 - バルチック艦隊第三戦艦群旗艦ニコライI、降伏旗を掲揚
10:53 - 降伏受理(海戦終結)


(朝日新聞) - goo ニュース
 日本海海戦100周年、記念艦「三笠」前で式典 横須賀

 日本海海戦から100周年を迎えた27日、神奈川県横須賀市稲岡町の記念艦「三笠」前で式典があり、海上自衛隊員ら約千人が集まった。

 当時の連合艦隊司令長官東郷平八郎のひ孫で、式典に参列した自衛艦隊司令部指揮通信計画幕僚の東郷宏重さん(45)は「歴史を大切にするこのような行事が、平和の中で今後も続いていって欲しい」と話した。中曽根元首相も出席した。財団法人「三笠保存会」などが企画した。

 日露戦争で連合艦隊はロシアのバルチック艦隊に勝利を収め、東郷の乗った旗艦「三笠」は、現在陸上に固定され、記念艦として保存されている。
      ◇      ◇
 この日、海戦のあった長崎県対馬沖の海上でも、戦没者を追悼する慰霊祭が開かれた。ロシアのロシュコフ駐日大使や、長崎県の金子原二郎知事らが参加。海上自衛隊の掃海艇から花や神酒を海に投げ入れ、参加者全員で1世紀前の戦没者に黙祷(もくとう)をささげた。


Yahoo!ニュース - 産経新聞 -
  日本海海戦100年 両司令長官ひ孫「いまも尊敬」

 日露戦争(1904−05年)で、日本の勝利を決定的にした日本海海戦から27日で100年。東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊はロジェストベンスキー司令長官のバルチック艦隊を撃破した。それぞれのひ孫である保坂宗子さん(49)とジノビー・スぺチンスキー氏(66)。曾祖父たちは海戦では明暗を分けたが、ひ孫にとって尊敬の対象であることに変わりはない。保坂さんは曾祖父に「武士」の姿を見、スぺチンスキー氏も「曾祖父は、私たち家族の誇りであり、悲劇の象徴です」と言い切る。


Yahoo!ニュース - 産経新聞 -
 対馬沖で海上慰霊祭 日本海海戦100年

 日露戦争(一九〇四−〇五年)の勝利を決定付けた日本海海戦から百年を迎えた二十七日、海戦の舞台となった長崎県対馬沖で海上慰霊祭が行われ、日露両国関係者ら約三百人が参加。海に献花するなどした。海上には地元の漁船約八十隻も集まり、隊列を組んで沖まで伴走した。また、神奈川県横須賀市でも関連の式典が行われた。
 海上慰霊祭は、対馬市や、地元の有志でつくる「対馬・歴史顕彰事業推進委員会」(武末裕雄委員長)などで構成する実行委員会が主催。漁業関係者も有志として参加した。
 午前十時半、金子原二郎・長崎県知事や松村良幸・対馬市長、ロシアのロシュコフ大使らを乗せた海上自衛隊の掃海艇など二隻が比田勝港を出航。開会宣言に続き、花束やお神酒などを海上に投げ入れ、一分間の黙祷(もくとう)をささげた。
 対馬市商工会の長町忠一会長(69)は「海戦で負けていれば、今の日本はなかった。ロシアからの参加で友好の輪が広がりありがたい。国境の町から平和を発信できれば」と語った。
 一方、神奈川県横須賀市ではこの日、ロシアのバルチック艦隊を撃破した記念艦「三笠」の前で記念式典が行われた。日本海海戦百周年記念大会名誉会長の中曽根康弘元首相やロシアのガルーチン駐日公使、米英の政府高官ら約七百人が出席。日露両国の国歌に続き、黙祷し、戦没者を追悼した。「三笠」は二十八日から二日間、無料開放する。

posted by じゅりあ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3947816
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。