2005年04月25日

・拉致被害者家族会が集会


YOMIURI ON-LINE / 社会
「首相は制裁決断を」拉致被害者3団体が国民大集会


 北朝鮮による拉致被害者の家族連絡会と支援組織「救う会」、拉致議連の3団体は24日、東京・日比谷公会堂で被害者救出を求める「国民大集会」を開き、北朝鮮への経済制裁発動を小泉首相に求める決議を採択した。

 家族連絡会代表の横田滋さん(72)は「政府は対話と圧力と言うが、北朝鮮は対話の席に着こうともしない。これだけ多くの日本人が怒っているのだから、小泉首相は制裁を決断してほしい」と訴えた。

 集会には昨年の2倍近い約6000人が詰めかけ、会場に入りきれない人たちが日比谷公園にあふれた。



asahi.com:
拉致被害者家族会が集会 首相に経済制裁の決断求める?-?社会


 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)や支援団体は24日、東京・日比谷公会堂で「小泉首相の決断を求める国民大集会」を開き、拉致問題解決を北朝鮮に迫るための経済制裁を実施するよう首相に求める決議をまとめた。

 集会には主催者発表で約6000人が集まり、定員約2000人の会場に入れなかった人も、会場の外で家族会メンバーの訴えを聞いた。

 横田滋・家族会代表(72)は「めぐみの遺骨と称するものから別人のDNAが鑑定されました。小泉首相は慎重な姿勢ですが、国として怒るべきで、制裁に踏み切ってくださることを期待しています」とあいさつした。「拉致議連」の平沼赳夫会長は「衆参両院で拉致特別委ができ、経済制裁の決議をした。今後は本会議で決議して首相に迫ることが必要だ」と述べた。

 

MSN-Mainichi INTERACTIVE 拉致事件を追う
北朝鮮・拉致問題:6千人参加し、「経済制裁を」−−東京・日比谷で国民大集会


 北朝鮮による拉致被害者の家族会などが主催して小泉純一郎首相に経済制裁の発動を求める国民大集会が24日、東京・日比谷であった。約6000人が参加し、「発動しないと日本が拉致問題を重視していないという間違ったメッセージを内外に発することになる」との決議文を採択、早期救出を訴えた。

 会場に入り切れない人たちも出る中、家族会代表の横田滋さん(72)は「小泉首相は発動に慎重姿勢を崩していないが、世論の力は無視できない」と語気を強めた。蓮池薫さん夫妻のなど帰国した被害者5人からの運動に連帯するメッセージも届いた。【西脇真一】

毎日新聞 2005年4月25日 東京朝刊
posted by じゅりあ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。