2005年04月23日

*「歴史 反省とお詫び」表明


Sankei Web 政治 
「歴史 反省とお詫び」表明 村山談話引用し首相演説(04/22 13:45)


 小泉純一郎首相は22日、ジャカルタで開幕したアジア・アフリカ会議(バンドン会議)50周年記念首脳会議で演説した。冒頭、歴史認識に触れ、戦後50年(1995年)の村山富市首相談話を引用し、過去の植民地支配と侵略に対する「痛切なる反省と心からのおわびの気持ち」を表明、日本が今後も「平和国家」として歩んでいく姿勢を強調した。その上でアジア・アフリカ地域とのパートナーシップ強化を目指し、政府開発援助(ODA)の増額など積極的な経済支援を行う方針を明らかにした。

 演説は戦後60年に当たり、日本の対アジア、アフリカ外交の指針となる。中国、韓国で歴史問題をめぐり対日批判が高まっていることを考慮、日本政府の基本姿勢をあらためて示し、沈静化を図るのが狙いとみられ、ジャカルタでの日中首脳会談実現に向けた環境整備といえそうだ。

 海外での政策演説で日本の首相が歴史認識に言及するのは、「反省」を表明した91年の海部俊樹首相以来。

 首相は演説で第二次大戦後の55年のバンドン会議を振り返り「平和国家として国家発展に努める決意を表明したが、この志にいささかの揺るぎもない」と言明した。

 アジア・アフリカ地域の経済開発に関連し、ODAの大枠を「対国民総所得(GNI)比0・7%の目標達成に向け引き続き努力する」と述べるとともに、アジア・アフリカ地域を中心に防災・災害復興対策に今後5年間で25億ドル以上の支援を約束。

 アフリカ向けODAは無償資金協力を中心に今後3年間で倍増させるほか、アジアの若者をアフリカに派遣する「アジア青年海外協力隊」の創設を提案した。

 また中東和平推進のためパレスチナ支援など平和の構築への取り組みや、国連安保理改革について「9月までの決定に協力する」と実現に向け積極的に関与していく姿勢を示した。




 アジア・アフリカ会議50周年記念首脳会議での小泉純一郎首相の演説要旨は次の通り。

 50年前、バンドンに集まったアジア・アフリカ諸国の前で、わが国は平和国家として、国家発展に努める決意を表明したが、この志にいささかの揺るぎもない。わが国はかつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切なる反省と心からのおわびの気持ちを常に心に刻みつつ、第二次世界大戦後一貫して経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も武力によらず平和的に解決するとの立場を堅持している。今後とも、世界の国々との信頼関係を大切にして、世界の平和と繁栄に貢献していく決意であることをあらためて表明する。

 過去50年のわが国の発展は国際社会の支援があって初めて実現できたものだ。このことを忘れない。私は額に汗をし懸命に働こうとするアジア・アフリカの人々とともに歩んでいきたい。

 (国連の)ミレニアム開発目標に寄与するため、政府開発援助(ODA)の対国民総所得(GNI)比0・7%の目標達成に向け引き続き努力する観点から、わが国にふさわしい十分なODAの水準を確保していく。防災・災害復興対策については、アジア・アフリカ地域を中心として今後5年間で25億ドル以上の支援を行う。

 2008年にアフリカ開発会議(TIDADIV)を開催、今後3年間でアフリカ向けODAを倍増し、その中心を贈与とすることを表明する。アジアの若者がアフリカの人づくりを推進するアジア青年海外協力隊の創設を提案する。今後4年間でアフリカで1万人の人材育成への支援を行う。

 中東和平推進のためのパレスチナ支援や平和に向けてダイナミックな動きを示しているアフリカに積極的な支援を行う。

 アナン国連事務総長が提案しているように、9月までに安保理改革について決定を行うために協力する。

 アジアとアフリカの連携を強化する上で文明間の対話が何より大切となる。7月に世界文明フォーラムを開催する。

(共同)

(04/22 13:45)


posted by じゅりあ at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3107499
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。