2005年09月14日

・ミカン箱の女:西川京子

2005 総選挙 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
注文通り!? ミカン箱から〜福岡10区・女性「刺客」が“第一声”
 「ミカン箱に立って1人で頑張って」。自民党本部から福岡10区の公認候補とされながら、地元県連にこう言われた西川京子・前議員(比例九州ブロック)が20日朝、オレンジ色のミカン箱に立ち、北九州市小倉北区のJR小倉駅前で“第一声”を上げた。「私にも意地がありますから」。ソフトな語り口に強い決意を込めた。

 西川氏は熊本県津奈木町が地元で、夫は同町長。福岡10区には何のゆかりもないが、反対票組の自見庄三郎・元郵政相の「刺客」として急きょ、14日に擁立が決定。その後、西川氏が県連にあいさつに出向いた際に、県連幹部から飛び出したのが「誰かを頼るのではなく、ミカン箱に――」の発言だった。

 これを聞いて、奮い立ったのが、地元・熊本の支援者たち。なにしろ、津奈木は熊本県でも有数のミカン産地。町議の一人が早速、収穫用に使うプラスチック製のミカン箱二つを持ち寄り、木板を取り付けて即席の演説台を作った。

 ミカン箱の上に立ち、マイクを握った西川氏は「郵政民営化に賛成する北九州市民の受け皿になるために参りました」と威勢良くあいさつ。ミカン箱についても「選挙期間中、ずっと使います。高さもちょうどいいし、身の引き締まる思いがします」と気に入った様子だった。

 一方、この日午前、北九州市小倉北区の自見氏の事務所開きに出席した系列の地元県議は「本当にミカン箱に立ったの? 取るに足りないパフォーマンスだ」と苦笑してみせた。


スポニチ Sponichi Annex ニュース 社会
首相 山崎拓氏を応援
050914-ミカン箱

 小泉純一郎首相は3日、福岡市内で街頭演説し、衆院福岡2区に出馬している自民党の山崎拓前副総裁について「今回の選挙で一番解散を嫌がった人です」と指摘し「何とか解散を避けるように、郵政法案を成立させようと一番頑張ってくれた」と持ち上げた。さらに「選挙をやったばかりなのに申し訳ない。解散を避けることができて成立するかと思っていたが、参院でつぶされた。ちょっと予想外だった」と述べた。

 一方、福岡10区に擁立した「刺客」の西川氏の応援では一緒にミカン箱の上に立った。

 ≪街頭演説で女性3人ケガ≫小泉首相の街頭演説を聞きに集まった女性3人が3日午後4時半ごろ、北九州市のJR小倉駅前のエスカレーターで転倒、足を切るなどのケガをした。小倉北署によると、現場は駅前のペデストリアンデッキに上るエスカレーター。安全のため停止させていたが、聴衆がエスカレーターに乗っていたため重みで下に動き、女性3人がバランスを崩して倒れたらしい。ほかに、熱中症などで気分が悪くなった女性5人も救急車で病院に運ばれた。
[ 2005年09月04日付 紙面記事 ]


西日本新聞 The Nishinippon WEB(Googleキャッシュより)
ミカン箱に笑顔咲く 福岡10区 西川氏「頭真っ白」
 「小泉自民圧勝」を象徴する笑顔が、ミカン箱の上ではじけた。 福岡10区で当選した自民前職の西川京子氏(59)。北九州市小倉北区の事務所では駆け付けた支援者たちが拍手と万歳で迎える中、「なんか、頭が真っ白で…。ただ一言、ありがとうございます」と声を震わせ、驚きと戸惑いさえにじませた。

 郵政反対派への対立候補として、立候補を決めたのは公示の半月前。小泉首相による「劇場型選挙」の主役の一人として全国の注目を集めた。

 あいさつに行った党福岡県連では幹部から「ミカン箱一つで頑張って」と突き放された。浴びせられた冷や水に一人、悔し涙も流した。

 地縁も知名度もない選挙区での戦い。震える思いであえてミカン箱の上に立ち、街頭演説を繰り返した。だが、「街頭での手ごたえが票に結びつくか、最後まで不安だった」。迎えた投開票日、結果は十万票近くも集める「思いもよらぬ」圧勝となった。

 「おそらく日本一、小さな事務所と少ないスタッフ。そこでこんな票が出るなんて。これは、小泉内閣が訴えた郵政民営化への支援だと思う」。あらためて責任の重さを痛感した。

 「少子化対策など課題は山積。北九州市民の代表として国政に臨みたい」。口元を引き締め、ミカン箱から下りた西川氏。次は再び、国会という舞台に上がる。

 一方、落選した無所属前職、自見庄三郎氏(59)は「真に国民のための改革を唱えたが敗れました」と同区の事務所で涙ぐんだ。民主前職、城井崇氏(32)は「自民分裂の『竜巻』にのみ込まれた」と悔しさをかみしめた。


asahi.com
ミカン箱乗り、西川京子氏が笑顔 福岡10区?-?政治
 「小泉改革を評価してくれた証しです」。福岡10区で自民前職の西川京子氏(59)が郵政民営化法案に反対した自見庄三郎氏(59)らを破り、象徴となったミカン箱に乗って笑顔をみせた。

 自見氏への対立候補として比例九州ブロックからくら替え。党福岡県連から「ミカン箱に乗って1人で頑張って」と突き放され、地元・熊本から届いたミカン箱で演説を続けた。当初は法定得票の獲得も危ぶまれたが、ミカン箱でアピール。「小泉改革」を訴えて都市住民に支持を広げた。


ZAKZAK
みかん箱の西川は台本?「かわいそう」同情集め大勝
きっかけは県連幹部のつれないセリフ…というが

 ミカン箱で“作戦勝ち!? 小泉首相が放った女性刺客の中では地味な存在だったにもかかわらず、大差で勝利した西川京子氏=福岡10区。その原動力となったのが、選挙中乗り続けたミカン箱だ。地元・大物県連幹部の“意地悪発言”がきっかけで登場したものだったが、実はこれ、戦術だったとの見方が…。

 「あのミカン箱にしてやられた」

 苦杯を喫した造反組の自見庄三郎氏=無所属=の関係者は、こう肩を落とす。

 比例代表からのくら替えで特に派手な経歴もなく、刺客候補の中ではパッとしなかった西川氏。福岡には地縁・血縁もないだけに、当初は当選7回を誇り郵政相などを務めた自見氏はもちろん、民主党前職の城井崇氏に対しても苦戦が伝えられていた。

 ところが結果は、次点の自見氏に3万票以上の大差。事務所でもミカン箱の上に乗り、勝利を祝った。

 西川氏がミカン箱に乗って北九州市の街頭に立ったのは、公示前の8月20日。きっかけは県連幹部の捨てゼリフだった。

 地元にあいさつに訪れた際、党県連幹事長の中村明彦県議が「ミカン箱に乗って一人で頑張って」と発言。これが新聞などで取り上げられ、反発した西川氏の地元・熊本県奈津木町の町議が、地元名物デコポンの収穫用箱を持参したのだ。

 出馬会見では「茫然(ぼうぜん)自失」と途方に暮れてみせた西川氏だったが、「意地がありますから」と、箱の上にベニヤ板を載せ“つじ説法”を開始。元々は亀井静香氏門下で、郵政民営反対派。だがミカン箱の上からは、Tシャツにスニーカーで「小泉改革の受け皿」を繰り返した。

 西川氏のこの姿はマスコミにも大々的に取り上げられ、「かわいそう」と評判に。街頭では子供に「あれがミカン箱」と指差し教える母親の姿も見られ、最初は冷淡だった地元議員や企業も次第に支援を開始した。ミカン箱の上に乗っての演説は、200回以上。今月3日には小泉首相も応援に訪れ……というのが、福岡の“シンデレラ”ストーリー。

 ところがある自民党関係者は、こう指摘する。 「あれは県連幹部の筋書き通り」

 当の中村氏を直撃すると、「(作戦だったかどうかは)ノーコメント」とした上で、こう話す。

 「造反議員の所に対立候補として来るならば、強い意志が必要。彼女は比例出身で苦労知らずで、“刺客”というより“お客”。心構えを確認するためああ言った。県連としては最初から(西川支持で)筋を通していた」。その一方で「自民党は裾野が広い。皆を自然とその気にさせるには手がかかる」とも。

 思い返せば森喜朗前首相が干からびたチーズを手に「首相にはサジを投げた」とひと芝居打ったのが、今回の“小泉劇場”の始まりだった。やはり役者揃いということか。
ZAKZAK 2005/09/13

----------
市民メディア・インターネット新聞JANJAN
 選挙・プライドは無いのか、西川京子さん


2005年4月 : donna : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「女の子」発言 感覚のずれ
 郵政民営化法案をめぐり、自民党内の攻防が激化している。先週開かれた党郵政改革関係合同部会で、賛成派の橘康太郎衆院議員が、慎重意見を述べた西川京子衆院議員に「比例で当選した女の子が何を言ってるんだ!」というヤジを飛ばし、問題となった。

 比例選軽視であるとか、女性蔑視(べっし)だとか、様々な反発を招いたヤジなのだが、何より「女の子」という表現にびっくりした。

 西川氏は当選2回、1945年生まれの59歳である。70歳の橘氏より年下ではあるが、いかにカッとなったからとて、「女の子」と表現する感覚は普通ではない。50代でも「若手議員」と呼ばれる永田町ならではのセンスである。

 思えば、つい最近まで、私のことを「お嬢ちゃん」と呼ぶ議員もいた。恐ろしいのは、「30代半ば過ぎに、『お嬢ちゃん』はないだろう」と思いながらも、呼ばれているうちに、自分が若いような気がしてきたことだ。

 私の場合、ヨミウリウイークリー編集部に異動し、永田町以外に取材に行くようになり、「自分はもはや若くない」という、切ないが当たり前の現実に気がついた。しかし、あのままずっと「お嬢ちゃん」と呼ばれ続けたら、さぞかし世間とずれた人になっていただろう。

 単なる不規則発言として見過ごされそうな「女の子」発言は、実は、永田町と有権者との、感覚のずれを示しているような気がする。
posted by じゅりあ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。