2005年03月26日

纏めて・・・天誅でござる。

こういう記事を見ると、むかむかしてくる(#`з´)∴ ペッ

いくら、下半身に人格がないとはいえ、脳みそが付いているなら、善悪の区別はいけなくてはイカン!

まとめて、処刑したれ!


インフォシークニュース > トピックス > セクハラ・わいせつ > 女子部員にわいせつ行為、元日体大スキー部員に実刑

 秋田県大潟村内のホテルで昨年8月、後輩の女子部員(当時18歳)にわいせつな行為をしたとして、婦女暴行未遂と強制わいせつの罪に問われた元日本体育大スキー部4年の田中秀樹被告(22)の判決が25日、秋田地裁であった。

 田村真裁判長は「上下関係から公然とは逆らえないことにつけ込み、性的関係を結ぼうとした浅はかで卑劣な動機に酌量の余地はない」として、懲役3年(求刑・懲役5年)を言い渡した。田中被告は控訴した。

インフォシークニュース > トピックス > セクハラ・わいせつ > 女性24人暴行の男に18年 札幌市で連続して犯行

 札幌市内の女性24人に暴行したとして、強姦(ごうかん)や強制わいせつ致傷などの罪に問われた重機運転手榎本洋一被告(37)の判決公判が25日、札幌地裁であり、吉村正裁判長は「自分の性的欲求を満たすため、常習的かつ連続的に犯行に及んでおり悪質」として懲役18年(求刑懲役20年)を言い渡した。

 判決によると、榎本被告は2003年4月から同年9月にかけ、ピッキング用具などを使って札幌市東区や北区の18−39歳の女性宅に侵入して暴行した。

 検察側は「短期間で連続して犯行に及んでおり、地域住民に不安を与えた」と指摘。弁護側は「真摯(しんし)に反省している」として寛大な判決を求めた上で、榎本被告に謝罪の気持ちを持ち続けるよう呼び掛けていた。

インフォシークニュース > トピックス > セクハラ・わいせつ > <準強制わいせつ>男子学生に触った男性教諭を逮捕
 栃木県警足利署は22日、準強制わいせつの疑いで福島須賀川市南上町、県立須賀川高校教諭、富永良二容疑者(35)を逮捕した。

 調べでは、富永容疑者は同日午前9時ごろ、栃木県足利市朝倉町のサウナ「足利健康ランド」のシアタールームで、寝ていた東京都江東区の男子大学生(22)の股間(こかん)を触り、さらに同10時ごろ、寝ていた東京都八王子市の男子大学生(22)の唇にキスするなどした疑い。

 富永容疑者は容疑を認めている。

posted by じゅりあ at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

メンテナンス

うちは、CATVでのネット接続なんです。
普段は、アクセスも安定しているし、スピードもまぁまぁだし、
文句も無いんですが・・・

月に何度かある『メンテナンス』
これ、どうにかならないもんでしょうかねぇ。
深夜2時から5時・・・
私が、一番、楽しくネットをしている時間を奪わないでくれぇ〜〜



で、これから、メンテナンスに突入です _/ ̄|●
posted by じゅりあ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

視点の違い

母屋の方のエントリーで、違う視点からのエントリーがTBされてきました。
これが、Blogの醍醐味なんでしょうかね。
面白い!


posted by じゅりあ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

2日続きの・・・

050317-rank



柱|ω・。).。oO( ありがと)
posted by じゅりあ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメント削除はしたくないけれど


18禁に類するアダルトサイトやそういう種類からのTB&コメントは





   No Thank You!






ってことで、よろしくね (´^ω^`)ニコニコ

posted by じゅりあ at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

母屋のアクセス

050316-ranking

いやぁ・・・
久々の大量アクセスにびっくり。
で、アクセス解析を辿ってみれば・・・なんと、母屋のネタを転載しているじゃぁ、あ〜りませんか。それも、母屋へのリンク付きで・・・

ありがたいやら、申し訳ないやら・・・

こちらで、感謝しておこう。


ヽ(`⌒´)ノm(_ _)m あ〜りが〜たやっ♪

          ヽ(`⌒´)ノm(_ _)m あ〜りが〜たやっ♪



西尾幹ニのインターネット日録: 「人権擁護法」という狂気の法案 (その四)
http://nishio.main.jp/blog/archives/2005/03/post_114.html
posted by じゅりあ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

錯視

遊び・・・某2chのUD@ラウンジから、拾ってきてみた。
錯視というものラシイ。

----------
画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロ
画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロ

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画
アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画
画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画
----------
posted by じゅりあ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

手軽な蕎麦ツユ・・・

なぜか、2chハン板からの拾い物。
メモ代わりに、置いておこう。


醤油:400ml
みりん:400ml
日本酒:250ml
鰹節(けずり):カップ1程度
昆布:2〜3枚
干し椎茸:3〜4枚

以上を合わせて一晩寝かす。
その後、沸騰させないように加熱。
湯気が出始めてから10分程度で鰹節、昆布、椎茸を濾し取る。
更に沸騰させないように20分程度加熱し、完成。
粗熱をとって冷蔵庫に保存。
1月ほどもちます。
使用時は2倍希釈でどうぞ(つけ汁)。
ちなみに濾し取った昆布等は刻んで瓶詰めにしてふりかけに使えます。

posted by じゅりあ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 雑学の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

お祭り

ただ今、2chでは、人気投票(全板トーナメント)の真っ最中です。
一番人気のある板を決める投票をしているわけです。

で、どうせなら、参加した方が楽しい・・・ということで、
あの板と、この板と、その板と・・・

いつも覗いている板内で、「トーナメント」と検索すると、その板の選挙対策スレが出てきます。



参加したことの無い方も、これを機会に参加してみませんか?
posted by じゅりあ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

山古志村の母犬マリ

ちょっとウルウルした話の紹介
とりあえず、読んで欲しいから、全文紹介しておきます。


インフォシークニュース <新潟中越地震>山古志村の母犬マリ、絵本に

 山古志村の母犬マリが絵本になった。新潟県中越地震で自宅の下敷きになった飼い主を励まし、全村避難で無人となった村で16日間、産んだばかりの子犬3匹を守り続けた。その話に感動したNPO(非営利組織)「ながおか生活情報交流ねっと」の理事長、桑原真二さん(46)が出版を計画した。売り上げの一部は被災地の復興に充てられる。26日、山古志村や臨時村役場がある長岡市の子どもたちに計1000冊が贈られた。【北川仁士】

 昨年10月23日の朝、山古志村職員、五十嵐豊さん(39)の飼い犬で雑種のマリは3匹の赤ちゃんを産んだ。

 <世の中におきるいろいろなことはたった二種類しかないそうです。ひとつは「どうにもならないこと」 もうひとつは「どうにかなること」 マリはその二つについてわたしたちに教えてくれました>

 絵本「山古志村のマリと三匹の子犬」はこう始まる。

 産んだその日の午後5時56分、中越地方は激しい揺れに襲われた。五十嵐さんの父(70)は、壊れた自宅の下敷きになった。救助が来るまで、マリはその顔を何度もなめて元気づけた。

 <そんなマリを見ているうちに、おじいさんの心から「あきらめの気持ち」が消えていきました>

 だがその後、全村に避難指示が出る。一家はマリたちを残し、後ろ髪を引かれる思いで村外へ避難する。避難所にペットを連れ込むことは許されない。自分だけで子犬3匹の世話をするマリの日々が始まった。

 <すっかりやせ細ってしまったマリはちょっと走るだけで息が切れるほどです。「いつまでがんばればいいんだろう」マリは疲れ切っていました>

 16日後、五十嵐さんはようやくヘリコプターに乗って一時帰村し、マリと子犬たちを迎えに行くことができた。

 <そこに見たものは余震の怖さに耐え、生まれたばかりの子を守りながら立ち向かおうとする強い「生命」でした>

 絵本はこう結ぶ。

 <山古志村があの美しさを取り戻したとき三匹の子どもを連れてきっと戻ってくる。マリはどんなときだってけっしてあきらめないのです>

 「人間と動物が支え合って生きていく姿から、何かを感じてもらえればいい」と桑原さんは話している。文芸春秋刊、1200円。


posted by じゅりあ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(2) | ◆ 瓦版の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

お抱え運転手

夕方、愚弟の子供が、高熱を出したとかで、SOSコール。
病院まで、搬送。

夜、母者が知人の誕生日プレゼントを買い忘れたとのことで、
8時半過ぎからお買い物。


私は、我が一族のお抱え運転手です。
ゆっくり、晩酌も出来ない・゚(つд⊂)゚・
posted by じゅりあ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 独り言の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。